酒井克彦教授のコラム「酒井教授の百名山おぢ散歩:第5回 大峰山」が税理65巻11号(2022)に掲載されました。

【🍎酒井教授・雑誌コラム掲載🍎】

酒井克彦教授(@SakaiTax)のコラム「酒井教授の百名山おぢ散歩:第5回 大峰山」が税理65巻11号(2022)に掲載されました。

#酒井克彦 #租税法 #税理士 #ファルクラム租税法研究会 #アコード租税総合研究所 #百名山

酒井克彦教授の論稿「酒井克彦の〈深読み◆租税法〉【第111回】『節税商品取引を巡る法律問題(その5)』」がプロフェッションジャーナルに掲載されました。

【🍎酒井教授・論文等掲載🍎】

酒井克彦教授(@SakaiTax)の論稿「酒井克彦の〈深読み◆租税法〉【第111回】『節税商品取引を巡る法律問題(その5)』」がプロフェッションジャーナルに掲載されました。

酒井克彦の〈深読み◆租税法〉 【第111回】「節税商品取引を巡る法律問題(その5)」

 

酒井克彦教授のコラム「晴登雨読 酒井教授の日本三百名山 山歩き:第2回 大和葛城山」が税務事例54巻9号(2022)に掲載されました。

【🍎酒井教授・雑誌コラム掲載🍎】

酒井克彦教授(@SakaiTax)のコラム「晴登雨読 酒井教授の日本三百名山 山歩き:第2回 大和葛城山」が税務事例54巻9号(2022)に掲載されました。

#酒井克彦 #租税法 #税理士 #ファルクラム租税法研究会 #アコード租税総合研究所 #税務事例

酒井克彦教授のコラム「租税法余説:第87回 スペイン語の原資記録の扱い」が税務事例54巻9号(2022)に掲載されました。

【🍎酒井教授・雑誌コラム掲載🍎】

酒井克彦教授(@SakaiTax)のコラム「租税法余説:第87回 スペイン語の原資記録の扱い」が税務事例54巻9号(2022)に掲載されました。

#酒井克彦 #租税法 #税理士 #ファルクラム租税法研究会 #アコード租税総合研究所 #税務事例

酒井克彦教授の論稿「持続化給付金の不正受給」が税務経理10030号(2022年8月30日号)に掲載されました。

【🍎酒井教授・論文等掲載🍎】

酒井克彦教授(@SakaiTax)の論稿「持続化給付金の不正受給」が税務経理10030号(2022年8月30日号)に掲載されました。

#酒井克彦 #租税法 #税理士 #ファルクラム租税法研究会 #アコード租税総合研究所 #税務経理

【コラム新連載開始!】酒井克彦教授のコラム「晴登雨読~酒井教授の日本三百名山 山歩き:第1回 泉ヶ岳」が税務事例54巻8号(2022)に掲載されました。

【🍎酒井教授・雑誌コラム掲載🍎】

酒井克彦教授(@SakaiTax)の新連載コラム「晴登雨読~酒井教授の日本三百名山 山歩き」がスタートしました!「第1回 泉ヶ岳」が税務事例54巻8号(2022)に掲載されています。

#酒井克彦 #租税法 #税理士 #ファルクラム租税法研究会 #アコード租税総合研究所 #税務事例 #晴登雨読

 

酒井克彦教授の論稿「酒井克彦の〈深読み◆租税法〉【第110回】『節税商品取引を巡る法律問題(その4)』」がプロフェッションジャーナルに掲載されました。

【🍎酒井教授・論文等掲載🍎】

酒井克彦教授(@SakaiTax)の論稿「酒井克彦の〈深読み◆租税法〉【第110回】『節税商品取引を巡る法律問題(その4)』」がプロフェッションジャーナルに掲載されました。

酒井克彦の〈深読み◆租税法〉 【第110回】「節税商品取引を巡る法律問題(その4)」

酒井克彦教授のコラム「租税法余説:最高裁判断にみる所得税法34条の『支出』の意義」が税務事例54巻8号(2022)に掲載されました。

【🍎酒井教授・雑誌コラム掲載🍎】

酒井克彦教授(@SakaiTax)のコラム「租税法余説:最高裁判断にみる所得税法34条の『支出』の意義」が税務事例54巻8号(2022)に掲載されました。

#酒井克彦 #租税法 #税理士 #ファルクラム租税法研究会 #アコード租税総合研究所 #税務事例

酒井克彦教授の論文「税理士による成人向け租税リテラシー教育の重要性」が東京地方税理士界771号(2022)に掲載されました。

【🍎酒井教授・論文等掲載🍎】

酒井克彦教授(@SakaiTax)の論稿「税理士による成人向け租税リテラシー教育の重要性」が東京地方税理士界771号(2022)に掲載されました。

#酒井克彦 #租税法 #税理士 #ファルクラム租税法研究会 #アコード租税総合研究所 #租税教育

酒井克彦教授のコラム「租税法余説〔第85回〕計算期間の日数を巡る文理解釈の是非」が税務事例54巻7号(2022)に掲載されました。

【🍎酒井教授・雑誌コラム掲載🍎】

酒井克彦教授(@SakaiTax)のコラム「租税法余説〔第85回〕計算期間の日数を巡る文理解釈の是非」が税務事例54巻7号(2022)に掲載されました。

#酒井克彦 #租税法 #税理士 #ファルクラム租税法研究会 #税務事例