トップページ

直近の開催情報

直近のファルクラム開催予定は次のとおりです。
スタンダードコースと同日に、プロゼミおよび研究ゼミを開催します。

第59回租税法研究会
4月8日(土)湯島御徒町 →詳細・申込はこちら

公開セミナー
4月20日(木)赤坂見附 →詳細・申込はこちら

ガイダンス:プレップファルクラム
5月9日(火)新宿曙橋 →詳細・申込はこちら

第60回租税法研究会
6月17日(土)湯島御徒町予定

★年間予定★

今後のファルクラム開催予定は次のとおりです。
予定が変更となる場合がございますので、上記直近情報も併せてご確認ください。

租税法研究会 →ダウンロード
プレップ・ファルクラム →ダウンロード


NEWS!

日税連神津信一会長推薦・新刊書籍!
酒井代表編著監修
『クローズアップ保険税務』


2018年1月に、酒井代表編著監修の新刊書籍『クローズアップ保険税務―生命保険編―』が発売されました。

税理士業務と生命保険業務は非常に密接な関係にあり、税理士はじめ租税専門家は保険税務に精通している必要がありましょう。

しかしながら、生命保険の取扱いや税務上の処理に関しては、法人税法はじめ各種税法において明確な定めが置かれていないケースがほとんどです。

そのため、実務では、がん保険通達など多くの税務通達に依拠した処理がなされている場面が多々あると思われるところ、法律ではない通達に、なんら疑問を抱くことなく全面的に依拠することが適切といえるでしょうか。通達の改正一つで処理が変わり得る保険税務領域だからこそ、単なる通達の確認のみならず、法解釈の観点から保険税務を見つめなおす必要があるのではないでしょうか。保険税務上の処理を整理した書籍は多々ありますが、本書は、法解釈に重きを置き、実務と理論の接点、そして問題点を抽出しています。

本書は5部構成となっており、第1部において生命保険そのものの基本的理解を深め、第2部で生命保険税務の基本を確認しています。それら基礎を踏まえた上で、第3部においてはQ&A方式により、保険料の支払や、保険金の受領時等に問題となる論点を実務家の視点から検証しています。第4部は理論編とし、保険税務と通達の関係等を理論的側面から検討しています。そして、第5部では、保険税務に関する重要裁判例・裁決事例を取り上げ、実際の訴訟を確認しています。

なお、本書は、酒井代表が主催する「保険税務研究会」による研究成果となっており、理論編を酒井代表、第3部の一部をファルクラム研究会員の芹澤光春氏、第2部をファルクラム主任研究員の臼倉真純が担当執筆しております。

目次等詳細はこちらからダウンロードにてご覧いただけます(pdf)

販売価格・ご購入

一般販売価格:2,500円(税込2,700円)
ファルクラム会員割引価格:2,200円(税込)

お買い求めは下記「お問い合わせフォーム」から事務局までご連絡ください。
ご希望の書籍名および送付先ご住所をご記入の上、送信をお願い致します。
追って事務局よりご連絡致します。

★書籍のお買い求めはこちらから★

プレップファルクラム開講!
「実務家から租税の法律家へ」


ファルクラムの新講座「プレップ・ファルクラム」が始まります!

いきなりグループ討論となると少し腰がひけてしまう、レベルに着いていけないのではないか、もう少し基礎的な部分をインプットしたいという方のため、ファルクラム租税法研究会の基礎コースとして、スクール形式でのプレップ・ファルクラム(プレファル)を開講することとなりました。プレファルで租税法の基本を学び、応用的な理解へとステップアップしていきましょう。




★プレファル詳細はこちらから★

書籍新刊!
酒井代表編著監修・ファルクラム会員著
『新しい加算税の実務』


2016年12月に、酒井代表編著監修の新刊書籍『新しい加算税の実務―税務調査と資料情報への対応―』が発売されました。

近年、国際的租税回避など大規模な租税負担の軽減行為等が増える一方で、課税当局の資源は限られ税務調査の数も軽減傾向にあるといわれています。

そうした中、適正公平な課税の実現のため、平成20年度以降の各税制改正において、資料情報制度の拡充が図られてきました。これにより各種法定調書や財産債務調書の提出等が義務付けられることとなりました。

また、行政制裁(ペナルティ)としての加算税制度も変容を見せており、同制度は現在アメとムチの両側面を有しています。加算税制度については「当初申告のコンプライアンスを高める」との観点から、平成28年度税制改正においてあらたな加重措置が設けられるなどの制度改正がなされており、実務上も看過することはできません。

本書ではこうした近時の状況に鑑み、加算税制度のそのものの検討・解説のみならず、資料情報制度や、平成29年1月施行の新たな加算税制度についても解説を加えた一冊です。

なお、本書は、ファルクラム会員の共同執筆によるものです。酒井代表のほか、執筆者は次のとおりです(五十音順)。
和泉彰宏・伊藤雄二・臼倉真純・奥川哲也・川股修二・小林伸行・袖山喜久造・鳥飼貴司・平野秀輔・細田明

目次等詳細はこちらからダウンロードにてご覧いただけます(pdf)

販売価格・ご購入

一般販売価格:2,500円(税込2,700円)
ファルクラム会員割引価格:2,430円(税込)

お買い求めは下記「お問い合わせフォーム」から事務局までご連絡ください。
ご希望の書籍名および送付先ご住所をご記入の上、送信をお願い致します。
追って事務局よりご連絡致します。

★書籍のお買い求めはこちらから★


ファルクラムでは、租税に関する研究・啓蒙活動を行います。
レベルの高い租税専門家育成のため、判例研究・グループ討論等を通じて租税法の深い理解を目指す「租税法研究会」を開催致します。

「租税専門家」とは、税理士や公認会計士、弁護士に限りません。学者、税務当局の職員はもちろんのこと、ひいては一般企業の経理担当者の方など「租税」に携わる全ての方を対象と考えます。

租税法研究会は、スタンダードコースに加え、更にレベルアップを目指す方を対象としたプロゼミコース、遠隔地にお住いの方への通信コースもご用意しております。一人でも多くの「租税専門家」の皆様と、租税研究を行う場でありたいと考えます。
詳しくは「租税法研究会」のページをご覧ください。

ニュース

2017年1月26日
【お知らせ】プレップ・ファルクラムを開講します!
2017年1月26日
【書籍発売】『クローズアップ保険税務』が発売されました!
2017年1月8日
【活動報告】平成29年1月ファルクラム
2017年1月1日
【お知らせ】新年のご挨拶
2016年12月26日
【書籍発売】『新しい加算税の実務』が発売されました!
› 続きを読む

業績報告

2016年6月22日
〔税理〕ファルクラム会員執筆「加算税見直しを踏まえた賦課要件の検討と対応」
2016年6月22日
〔税理〕酒井代表新連載「生命保険税務をめぐるケース別検討〔第1回〕」
2016年6月14日
〔Profession Journal〕酒井代表連載「法人税法にいう『法人』概念(その6)」
2016年6月14日
〔タビスランド〕酒井代表コラム「医療費の額から控除される損害賠償金」
2016年6月8日
〔税務弘報〕ファルクラム連載企画:第12回ディベート租税法掲載
› 続きを読む