酒井克彦教授の論文「ソフトローによる予測可能性の担保ー文書回答手続の改正を契機に」が税務事例54巻1号(2022)に掲載されました。

【🍎酒井教授・論文等掲載🍎】

酒井克彦教授(@SakaiTax)の論文「ソフトローによる予測可能性の担保ー文書回答手続の改正を契機に」が税務事例54巻1号(2022)に掲載されました。

#酒井克彦 #文書回答手続 #税務事例 #租税法 #税理士

酒井克彦教授の論文「重加算税賦課要件にみる『外部からうかがい得る特段の行動』ー税理士法1条と税理士による確定申告行為ー(下-2・完)」が税務事例53巻12号(2021)に掲載されました。

【🍎酒井教授・論文等掲載🍎】

酒井克彦教授(@SakaiTax)の論文「重加算税賦課要件にみる『外部からうかがい得る特段の行動』ー税理士法1条と税理士による確定申告行為ー(下-2・完)」が税務事例53巻12号(2021)に掲載されました。

酒井克彦教授の論文「ひとり親控除創設後に残された議論(上)-令和2年度税制改正を踏まえて-」が税務事例53巻11号(2021)に掲載されました。

【🍎酒井教授・論文等掲載🍎】

酒井克彦教授(@SakaiTax)の論文「ひとり親控除創設後に残された議論(上)-令和2年度税制改正を踏まえて-」が税務事例53巻11号(2021)に掲載されました。

酒井克彦教授の論文「重加算税賦課要件にみる『外部からうかがい得る特段の行動』-税理士法1条と税理士による確定申告行為-(下-1)」が税務事例53巻11号(2021)に掲載されました。

【🍎酒井教授・論文等掲載🍎】

酒井克彦教授(@SakaiTax)の論文「重加算税賦課要件にみる『外部からうかがい得る特段の行動』-税理士法1条と税理士による確定申告行為-(下-1)」が税務事例53巻11号(2021)に掲載されました。

酒井克彦教授の論文「所得税法の所得区分判定における事実認定上の視角ーいわゆる日通課長事件再考ー」が中央ロー・ジャーナル18巻2号(2021)に掲載されました。

【🍎酒井教授・論文等掲載🍎】

酒井克彦教授の論文「所得税法の所得区分判定における事実認定上の視角ーいわゆる日通課長事件再考ー」が中央ロー・ジャーナル18巻2号(2021)に掲載されました。

酒井克彦教授の論文「重加算税賦課要件にみる『外部からうかがい得る特段の行動』(中)」が税務事例53巻10号(2021)に掲載されました。

【🍎酒井教授・論文等掲載🍎】

酒井克彦教授(@SakaiTax)の論文「重加算税賦課要件にみる『外部からうかがい得る特段の行動』-税理士法1条と税理士による確定申告行為-(中)」が税務事例53巻10号(2021)に掲載されました。

酒井克彦教授の論文「相続税に係る資産評価の課題と展望-土地と株式、上場株式と非上場株式に係る財産評価の径庭-」が資産の形成・円滑な世代間移転と税制の関係に関する研究会編『資産の形成・世代間移転と税制』(日本証券経済研究所2021)に掲載されました。

【🍎酒井教授・論文等掲載🍎】

酒井克彦教授の論文「相続税に係る資産評価の課題と展望-土地と株式、上場株式と非上場株式に係る財産評価の径庭-」が資産の形成・円滑な世代間移転と税制の関係に関する研究会編(井堀利宏監修)『資産の形成・世代間移転と税制』(日本証券経済研究所2021)に掲載されました。

酒井克彦教授の論文「キャピタルゲインに係る我が国税制の整理-所得税と相続税との接点-」が資産の形成・円滑な世代間移転と税制の関係に関する研究会編『資産の形成・世代間移転と税制』(日本証券経済研究所2021)に掲載されました。

【🍎酒井教授・論文等掲載🍎】

酒井克彦教授(@SakaiTax)の論文「キャピタルゲインに係る我が国税制の整理-所得税と相続税との接点-」が資産の形成・円滑な世代間移転と税制の関係に関する研究会編(井堀利宏監修)『資産の形成・世代間移転と税制』(日本証券経済研究所2021)に掲載されました。