酒井克彦教授の論文「相続税に係る資産評価の課題と展望-土地と株式、上場株式と非上場株式に係る財産評価の径庭-」が資産の形成・円滑な世代間移転と税制の関係に関する研究会編『資産の形成・世代間移転と税制』(日本証券経済研究所2021)に掲載されました。

【🍎酒井教授・論文等掲載🍎】

酒井克彦教授の論文「相続税に係る資産評価の課題と展望-土地と株式、上場株式と非上場株式に係る財産評価の径庭-」が資産の形成・円滑な世代間移転と税制の関係に関する研究会編(井堀利宏監修)『資産の形成・世代間移転と税制』(日本証券経済研究所2021)に掲載されました。

酒井克彦教授の論文「キャピタルゲインに係る我が国税制の整理-所得税と相続税との接点-」が資産の形成・円滑な世代間移転と税制の関係に関する研究会編『資産の形成・世代間移転と税制』(日本証券経済研究所2021)に掲載されました。

【🍎酒井教授・論文等掲載🍎】

酒井克彦教授(@SakaiTax)の論文「キャピタルゲインに係る我が国税制の整理-所得税と相続税との接点-」が資産の形成・円滑な世代間移転と税制の関係に関する研究会編(井堀利宏監修)『資産の形成・世代間移転と税制』(日本証券経済研究所2021)に掲載されました。

酒井克彦教授の論文「所得税法における安定収入と不安定収入(下ー2・完)」が税務事例53巻8号(2021)に掲載されました。

【🍎酒井教授・論文等掲載🍎】

酒井克彦教授の論文「所得税法における安定収入と不安定収入(下ー2・完)-競馬所得の事業所得該当性が争点とされた東京高裁平成29年9月28日判決を素材として-」が税務事例53巻8号(2021)に掲載されました。

 

佐藤信彦編著『引当金・準備金制度論』(中央経済社2021)に、酒井克彦教授の論文「債務発生の合理的見積りと租税法上の確定概念」が掲載されています。

佐藤信彦編著『引当金・準備金制度論ー会計制度と税法の各国比較と主要論点の考察』(中央経済社2021)に、酒井克彦教授の論文「債務発生の合理的見積りと租税法上の確定概念ー収益認識基準後の法人税法上のポイント引当金処理を中心としてー」が掲載されています。