●酒井克彦著『プログレッシブ税務会計論Ⅳー会計処理要件(経理要件・帳簿要件)ー』(中央経済社2020年6月)

『プログレッシブ税務会計論Ⅳー会計処理要件(経理要件・帳簿要件)ー』が刊行されました。

『プログレッシブ税務会計論』シリーズの第4弾となります。

法人税法はしばしば税務会計上の処理を課税要件として規定しています(会計処理要件)。その代表的な会計処理要件といえば、損金経理要件であり帳簿要件です。例えば、法人税法は、法定引当金の計上に損金経理要件を課していますし、減価償却費の計上などにおいても同様です。本書は、かかる経理要件や帳簿要件に係る問題点について考察を行った基本書です。

目次等詳細はこちら

一般:3,000円(税別)
会員:2,700円(税別)

お申込みは「お問合せフォーム」より

2020年6月30日