New!

当HPの更新状況は以下のとおりです。

News

【機関誌発行】Accord Tax Review 第9=10号合併号(平成30年3月刊)

2018年3月に、機関誌「Accord Tax Review」第9=10合併号を発刊しました!
今回は、酒井克彦代表の巻頭論文のほか、木山泰嗣教授(青山学院大学)にも論文を寄稿いただいております。
また、神津信一先生(日本税理士会連合会会長)、菅原英雄先生(アコード租税総合研究所研究顧問)、松岡章夫先生(同)と酒井代表による保険税務を巡るシンポジウムや、大淵博義教授(中央大学名誉教授)と酒井代表による租税回避行為や仮装行為等に関する対談の様子も掲載しております。

その他、論説として、泉絢也先生(千葉商科大学)や、ファルクラム会員の多賀谷博康先生、石川緑先生の論文も掲載されており、非常に内容の濃い一冊に仕上がっております。

目  次

【巻頭論文】
〇 判決の射程範囲と通達改正 / 酒井 克彦
〇 非居住者に対する不動産の代金支払について源泉所得税の徴収納付を怠っていたとしてなされた納税告知処分の適法性の判断において、売主が非居住者であるか否かの確認をすべき注意義務を尽くしていなかったこと等を理由に同処分が適法と判断された事例 / 木山 泰嗣

【シンポジウム】
〇 【パネルディスカッション】
税理士と保険税務 / 神津 信一、菅原 英雄、松岡 章夫、酒井 克彦
〇 【記念対談】
仮想行為・実質課税・租税回避-ファイナイト事件等を素材として-  /  大淵 博義、酒井克彦

【論説】
〇 租税法領域におけるパブリックコメントの活用と制度改革の提言-米国の制度から得られるインプリケーション- /  泉 絢也
〇 法人税法132条の2の適用要件とその射程範囲-ヤフー事件最高裁判決を素材にして- / 多賀谷 博康
〇 記入済申告制度の変遷と我が国への制度導入検討 / 石川 緑

【その他】
〇 研究顧問挨拶
〇 活動報告

目次はこちらからダウンロードできます。

バックナンバーはこちらからご覧いただけます(酒井代表が所長を務めるアコード租税総合研究所のホームページにジャンプします。)。

2018年4月7日

【業績報告】酒井代表、臼倉研究員、ディベート租税法ほか

それぞれ下記の通り、業績報告を掲載しています。

酒井代表の3月の雑誌掲載等業績報告はこちらから

酒井代表の最近の紀要論文報告はこちらから

臼倉研究員の紀要論文報告はこちらから

ファルクラム会員によるディベート租税法掲載についてはこちらから

★facebookおよびTwitterでは、最新の業績報告を随時公表しています!

https://www.facebook.com/FulcrumTaxHP

https://twitter.com/FulcrumTax?lang=ja

2018年4月7日

【重要・お知らせ】第7回 プレップ・ファルクラム延期のお知らせ

平成30年1月22日(月)に予定されていた、第7回 プレップ・ファルクラム(講師・当研究所上席主任研究員 臼倉真純)ですが、大雪の影響に伴い開催延期とさせていただきます。

第7回につきましては、2月5日(月)に開催致します。

なお、同日新年会も参加致しますので、皆様の改めてのご参加心よりお待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。

◆申込みフォーム

【第7回プレップ・ファルクラム】

出席 http://bit.ly/pref25

欠席 http://bit.ly/pref25-no

【懇親会】

出席 http://bit.ly/prefn25

2018年1月24日