プレップ・ファルクラム

プレップ・ファルクラム

ファルクラム租税法研究会は、100名余の税理士や公認会計士、弁護士等の租税専門家が集まり、租税法を「法学」の観点から深く研究し、会員それぞれが実務に生かすことを目的とした研究会です。
同研究会は、平成22年に立ち上げた研究会であり、原則毎月1回の研究会でのグループ討論のほか、ファルクラム会員による共同執筆書籍の刊行や、専門雑誌での連載企画を行うなど、単発的な実務セミナーとは異なる継続的な活動を行っていることが特徴です。

もっとも、いきなりグループ討論となると少し腰がひけてしまう、レベルに着いていけないのではないか、もう少し基礎的な部分をインプットしたいという方のため、上記ファルクラム租税法研究会の基礎コースとして、スクール形式でのプレップ・ファルクラム(プレファル)を開講することとなりました。プレファルで租税法の基本を学び、応用的な理解へとステップアップしていきましょう。

税理士等士業の方のみならず、どなたでもご参加いただけます。
税理士事務所勤務のスタッフの方、企業の財務部や経理部等にて租税に携わる方、現在税理士試験を目指している方、大学院生等、「租税法」を一から学びたい方にお勧めです。

★1期生 プレファルはこちら★
★2期生 プレファルはこちら★
★3期生 プレファルはこちら★

講師・シラバス・参加費

講師:
臼倉真純(ファルクラム上席主任研究員)
より体系的な理解を深めるため、講義の内容に応じて酒井克彦教授による解説を設ける回も予定しております。

シラバス:
使用教科書として、酒井代表の書籍『レクチャー租税法解釈入門』を使用します。
シラバスは下記からダウンロードにてご覧いただけます。

★1期生 シラバスダウンロード★
★2期生 シラバスダウンロード★
★3期生 シラバスダウンロード★

参加費:
1回につき6,000円(全回一括申込み割引もあります)
なお、詳細は上記シラバスからご確認ください。