【研究員業績】臼倉研究員・紀要論文

ファルクラム上席主任研究員、臼倉真純の論文「譲渡所得の基因となる資産の意義-破綻会社株式の資産性の検討を中心に-」が国士舘法研論集19号に掲載されました。